top of page

今年のインフルエンザワクチン、ハズレた?効かない?

はいどうも、鍼灸学校で新型インフルエンザについてレポート?小論文?を書いていた今門です。


当時調べまくったおかげか、結構な情報量とデータの見方がわかりますの、なんだかんだ気になってしまいます。



今年は例年以上にインフルエンザ発生件数が多いですね〜。確実にアレのアレの影響ですね。


お子さんを持つ方々も気が気でないのでは?ないでしょうか。


コロナ同様に


今年のインフルエンザワクチンは効くの?効かないの?


と思われている方もいるかと思いますので


簡単に「インフルエンザとワクチンの関係」というものを難しい言葉を使わずにお伝えしてみようと思います。


※インフルエンザの不活化ワクチンとチンコロのmRNAワクチンは何もかもが異なりますのでご注意くださいね。


  1. インフルエンザのA型B型って?

  2. ウイルスとワクチンの関係

  3. 今年のワクチンは効く???


では行ってみます!



1.インフルエンザのA型B型って?

インフルエンザには大きくA型B型C型に別れます。


簡単に言えばウイルスが違います。

同じ炭水化物でもパン、米、麺くらい違います。


ヒト以外にも感染るA型と

ヒトだけに感染るB型という感じ。


Cは少いので割愛します。


今では全く出ないですが昔はソ連型とかありましたね。(ソ連、香港、オーストラリア)



ウイルスにはH1とかH3とかありますよね。

これは名字と名前みたいなもんです。


A型ウイルスの中にも色々あります。


ご飯と乗せる具材で例えてみましょう。


H1N1(白飯でカレー)

H3N2(酢飯で海鮮丼)

H5N1(雑穀米で中華丼)


このような組み合わせで構成されます。

さらには米の品種や産地、カレールーの種類まで細かく別れます。


23年〜24年の今シーズン、既に発見されているのが

Aの所謂新型インフルエンザ、香港型、Bのビクトリア系


中でも香港型が流行っています。

三重県はまだデータが少いのでなんとも言えませんね。


今年検出したのは

A型

・2009年に流行った新型インフルエンザ(H1N1-pdm09)亜型

・香港型(H3N2)の亜型


B型

・ビクトリア系統(オーストラリア)


この「亜型」というのは、ウイルス変異を指します。


白飯とカレーの組み合わせにチーズやトンカツをトッピングするようなもんです。


ウイルス変異の過程でどう変異するかはわかりませんし、下図のようにめっちゃ変異します。


今日はチーズ、トンカツ、エビフライ?トッピングに何を選ぶかは気分によって違うでしょ?そんな感じ。


ちなみにウイルスは人の体内で変異します。

あ〜この体はチーズだわ〜とか話し合ってるかもしれませんね。


シーズンのはじめと終わりでかなり変異するので


今年は「白飯に甘口カレー」ではなく

今は「白飯に甘口カレー」+「チーズトッピング」なんだね〜です。



2.インフルエンザワクチンはいつ準備するの?

インフルエンザワクチンは厚生労働省が『今年の秋は何が来るかな〜』と会議して決めるのですが




いつから予想するかというと、なんと4月!!

予想なのか予定なのかは知りませんが…


ちなみにワクチンの中身は1種類ではなくAB2つずつ、4種類ほど予想します。



今年は「酢飯ー海鮮丼」、「白飯ーカレー」、「うどんーカレー」「そばー天ぷら」という風に予想して作ります。



ちなみに製薬会社はウイルスの特許を持っているので、ウイルスを作ることも保管もできます。



3.今年のワクチンはハズレ???

ワクチンを打つと免疫が記憶して「効く」と過程してお話しましょう。


ワクチンが効くっていうのは免疫が記憶しているウイルスの種類と感染した時のウイルスが、


A型のH◯N◯型で亜型が何番か


まで全て一致しないといけません。(これはコロナも同じ)


「白飯(山形産つや姫)+カレー(ボンカレーゴールド甘口)」の組み合わせだけでなく「今チーズをどれだけトッピングしているか」まで当たらないといけません。


つまり『ちょっと変異したら無理』です。


効くと過程しても効きません。(この時点で効く理論が終わります)



だから打ったのに感染するんです。


重症化を防ぐとは大ウソでハズした言い訳にすぎません。

残念ながらインフルエンザ脳症になる人はなるし、亡くなる人は亡くなります。



免疫の記憶力は「あいつなんか見たことあるな、でもちょっと雰囲気がち、、、が?う???」程度です。


体に入ることは防げませんから、記憶をたどっている間に増殖します。


免疫のパトロール部隊がなんか変な奴来てますよ〜と連絡しても、免疫の記憶部隊は「ブラックリストに載ってるウイルスに似てるんだけど、なんかちょっと違うのよ!」とか言ってるレベルです。


さぞパニックなことでしょう(笑)



今年のワクチンは効く???に話を戻して


三重県で今年確認されたのが


A型H1N1pdm09の亜型

A型H3N2(香港型)亜型


の2種です。



pdm09は当たりましたが、今はどの亜型何でしょうね?それは公表されません。


ウイルスを見つけて詳しく検査する頃にはもう違う亜型に変異していますからね。


もう一度言いますが、 

pdm09まで当ててもトッピングである亜型が当たらなければワクチンは効きません。


残念ながら感染します。


で、体に入ってしまえば重症化するかしないかはその人の体力次第です。


であれば、質の高い食事・睡眠・生活で自然免疫を高めることに勝るものは無いとおもいますよ?


 

今回の記事は如何でしたか?


エックス(Twitter)でこんな投稿を見かけたのでサクッと調べてみました。


世の中にはプラシーボ効果というものがあり、フリスクで解熱したり、ラムネで痛みが治まったりします。



効かないけど、打ったから大丈夫!というのも1つの考え方かもしれませんね。


効かないけど。


ほなまた~。

Comments


bottom of page