皆さんが待ち焦がれるワクチンについて調べてみました。

こんにちは!コロナ、色々としんどいですね。。

皆さんはいかがお過ごしですか?

コロナ自粛のおかげで自由な時間が増えたので、子どもたちのために使おう!と思い立ちました。

そこで今回は、日本国民、世界中の人が待ち焦がれるワクチンについて調べてみました。

簡単な流れ


  1. ワクチンて何よ

  2. ワクチンの内容物

そもそもワクチンって何?

ワクチンとは


ワクチンについて


予防接種について(一般社団法人日本ワクチン産業協会)とあります。

かんたんに言うと、ワクチンは感染能力を無くしたウイルスなどを体内に入れて、やっつける能力(免疫システム)を得るということ。

その中には「集団感染を防ぐために打ってくださいね」というポリオやインフルエンザなどのワクチンと、「個人的に感染を防ぐために打ってくださいね」という肺炎球菌ワクチンなどがあります。

ワクチンの内容物

では、そのワクチンの中には何が入っているのか。インフルエンザを例にして見てみます。


有効成分というのはインフルエンザを不活化した(感染能力を奪った)ウイルスです。3種のウイルスに対応しているのが解りますね。

ではその下、添加物について

塩化ナトリウムは食塩ですね。

ホルマリン

チメロサール

リン酸水素ナトリウム水和物

リン酸二水素カリウム

とあります。

ホルマリン!?水銀!?肥料!?排水処理!?

いやいやいやいや!こんなもん入ってるの?

たとえ少ない量でも子供はシーズン2回打ちを推奨してますよね?それを毎年打っていくと・・・

そして、コロナウイルスのワクチンです。きっとインフルエンザとコロナのW接種になるでしょう。

それを毎年やっていくと・・・その子はどうなるのでしょうか。

最近の子供の傾向と関連があるかもしれません。

今まで当たり前のようにワクチン接種してましたが、考え直さなければならないなと思いました。

今後、生まれてからどれだけのワクチンを接種するのかを調べてみます。

本日もありがとうございました。

#インフルエンザ #コロナウイルス #ワクチン #予防接種 #有毒物質

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

​© 2020 ファミリアくわな鍼灸院 。