top of page

美の真相に辿り着いてしまった①

はい、どうもファミリアです。


とうとう美容の真相に辿り着いてしまいました。


美容法には

【今より良くするもの】と

【今より悪くしないもの】があります。


たるみを改善するものと

これ以上たるまないようにするもの


また医療には

【根治療法】と

【対処療法】というのがありますが、


たるんだから糸リフトする。

エラ張ってるからボトックスする。

熱が高いから熱冷ましする。

風引いたから風邪薬を飲む。


これらは起こった事象に対しての【対処療法】です。



今回からやっていくメインテーマは【根治療法】です。

対処療法ばかりではたるみ→ほうれい線→しわとエンドレスに続いてしまいます。

お悩みの症状と本質の部分【根治療法】と両方の治療が必要です。


長編なので


  1. 姿勢と顔の悩み

  2. 呼吸と顔(2回目)

  3. 姿勢と顔(3回目)

  4. 風船トレーニング(4回目)


と題して超大切な本質の部分をお話していきます。


2.3.4の

【呼吸と顔】

【姿勢と顔】

【風船トレーニング】

これらは続編で詳しくお伝えします。



1.姿勢と顔の悩み


姿勢が悪いと呼吸が浅くなる

姿勢が悪いと巻き肩になる

姿勢が悪いと肩が凝る

姿勢が悪いと顔が大きく見える

姿勢が悪いとエラが張る

姿勢が悪いとへの字口になる

姿勢が悪いと顔が四角くなる

姿勢が悪いと顔がたるむ

姿勢が悪いと顔が長くなる

姿勢が悪いと首が太くなる

姿勢が悪いと首が短くなる

姿勢が悪いと首が凝る

姿勢が悪いと内臓の調子が悪くなる



姿勢が悪いと顔だけでなくボデーのバランスも崩れます。

バストやヒップが垂れるのと同じで、顔も筋膜に覆われていますから、バストやヒップ同様に垂れます。


姿勢が良い人と姿勢が悪い人

どちらが年齢以上に顔がたるむか?というと

姿勢が悪い人です。

これは皆さんもなんとなくそう思われるでしょう。

あなたの周りでも探してみてください。


というような内容であと3記事、綴っていきます。


次回は呼吸と筋肉がどう影響するかをお伝えします。


ほなまた!

最新記事

すべて表示

セルフケアしなくても良いよと言うと目を輝かせて「えっ?しなくて良いんですか?」と言うよね

はい、どうも、ファミリアです(^^) 美容鍼にいらっしゃる方には セルフケアはしてもしなくても良いよ〜と言っています。 だいたいの返答はコレです。 「えっ?しなくて良いんですか?(目キラキラ)」 皆さんもだいたい何を考えての発言は想像がつきますよね。 「はい、してもしなくてもどっちでも良いです。 ただ、…」 その後にこう続きます。 「日々たるむ生活をしていたから、今たるんでるんです。何もしなければ

Comments


bottom of page