鬼は外は間違い。

124年ぶりに今日、2月2日が節分ですね。


ですので節分についてお話しようと思います。


本日のお品書き

  1. 追い払うのは鬼?

  2. 鬼とはなんなのか

  3. 言葉は言霊・現実化する


という流れでいきます。


今日は小難しいですよ(笑)頑張ってくださいね!


無理っていう

方は2.鬼とはなんなのかだけでも大丈夫だと思います。



1.追い払うのは鬼?


さて、節分では豆まきをしますね。





鬼を追払うため、無邪気に「鬼は外〜♪」と豆を投げますね。


実は豆まきって鬼を追払う訳ではなくて【魔を滅する】ために魔滅→豆を撒くんですね。


鬼では無い!


鬼の目を魔とするという説がありますが、ま行で近いし似とるけど魔ぁとちゃう、それは目ぇや(笑)

そもそも鬼の面、目ぇ無いやん!


コホン…


魔と鬼って近いようでけっこう違いますよね。


魔がつく言葉と言えば、

魔が差した

病魔

睡魔

聖飢魔Ⅱ


一方、鬼は

鬼瓦(魔除け)

鬼才(才能溢れた中国の詩人が語源)

鬼火(死者の魂)

餓鬼(ガツガツ食べる姿から子供の蔑称)



これらは院長が恣意的に選んでますが(笑)魔というのは物事「そのもの」で、鬼というのは何かを「比喩表現」しているものではないでしょうか?



2.鬼は何かの例え


ひとつめ


鬼に例えられるのは子供(ガキ)だけでなく、未婚の女性も鬼に例えられます。


花嫁衣裳である文金高島田には、角隠しという冠りものがあります。





天からの授かりものである子供は、神の子とも呼ばれ、天と通じ、神の子を宿す聖なる人「おかみさん」のところへやってきます。


鬼=おかみさん=神の子=神 となるわけです。


男性は鬼は外と言うほど婚期を逃すかもしれませんね。(笑えん)

未婚女性は鬼は外と言うほど、家と子供から遠ざかる。


もはや自らに呪いを課すようなものです。

暮らしに困る女性、晩婚化、今の時代よく聞きません?


あ、決して女性蔑視では無いのでご理解ください。

始めるという言葉は女が台となる、つまり女性がいないと何も始まらないわけですから。



2つめ


鬼火などは魂が見えたものだと言う説がありますが、魂とはなんでしょう。


ULTRA SOUL?帝京魂?


それはどこにありますか?


あなた(私)の心の中、体の中にありますよね。


鬼=魂=あなた(私)の中にある【何か】


魂=私だと【魂が東京に行く】となり日本語がおかしいので、魂=私では無く、私の魂と言う方が正しいです。


つまり「鬼は外」と言うほど魂が出ていきます。


ほら、自分の意見を持ってない人と多いでしょ?



3つめはお金の話です。


現在のお金は硬貨とお札(おさつ)ですよね。

お札(おふだ)とも読めますね。


御札は式神、またの名を鬼神と呼びます。




陰陽師の世界です。


お金=おさつ=おふだ=式神=鬼神


「鬼は外」と言うたびにお金が入ってこなくなる術式を掛けてます(汗)


これは本当に笑えません。




3.言葉は言霊・現実化する。


今年は鬼滅&コロナですから、各家庭で盛り上がりそうですね。


言葉は言霊と言い、魂を宿します。


言葉は現実化します。言葉にすると実行されます。


それくらい言葉には力があります。


つまり、「鬼は外」と言うと

  1. 女性や子供は家庭環境に困る。

  2. 自分を失う。

  3. お金に困る。

ということですね。


ち・な・み・に!!


去年、豆まきで「鬼は外!」と言った方、良い1年になりましたか?


今年こそは!と意気込むのも良いですが、思い切ってやり方変えたら?と思います。


今年の我が家は「鬼も内、福も内。コロナ消えろ!」で行きます。




最後に、、、


神社やお寺で芸能人が豆を投げてくる節分祭、笑ってる場合じゃないですよ!!

あなた、海◯蔵に鬼扱いされてますよ!!(笑)


それと、鬼滅の刃はどちらかと言うと鬼より悪魔・ルシファーですよね〜。

人喰いでしょ?ルシファーだわね。



本日もお読みいただきありがとうございました。


長文、駄文、失礼しました。


今月もどうぞよろしくお願い申し上げます。


最新記事

すべて表示

💡キャンセルに関して💡

キャンセルに関するお願いを一部変更しました。 それに伴い、ウェブ予約のキャンセル可能時間も前日までと変更しております。 必ずご確認ください。 ​ 予約の変更およびキャンセルは出来るだけなさらないようにお願いいたします。 どうしても当日キャンセルをされる必要がある場合に限り、電話・SMS・ラインにてご連絡をお願い致します。 度重なる変更・キャンセルは、当院並びに他の患者様に迷惑がかかりますし、また患