top of page

痛みとは

どうもファミリアです。


治療系のブログ初めですね。今年もよろしくお願いいたします。


今日のテーマは【痛み】です。





端的に申し上げれば、【痛みは心身の赤信号】です。




心が限界を迎えていて、これ以上の負担は心が壊れる。

または、すでに壊れている。


心が限界を迎えると筋系、内臓系に様々な症状が出ます。



体ですと


これ以上動くとケガをする。

または、すでにケガをしている。


そんな状態ですから当然動かしてはいけません。


痛み=これ以上は危険


なんです。



以前、ジムトレーナーの知人から


ジムに来た理由で、「腰痛だからトレーニングしに来た」というのが一定数いるんだよ。


と教えてもらったことがあります。



これ以上動くとケガをする。

またはすでにケガをしている。


そんな状態で更に負荷をかけてどうすんの?


という感じですね。


自身がどういう状況下を理解できていない悪い例ですね。



痛みから脱却し再発を防ぐためには

↓↓↓

兎にも角にもととのえる(治療)

↓↓↓

使える(筋肉や関節を正しく動かせるようになる)

↓↓↓

鍛える(ずっと正しく動かせるよう筋力をつける)


この順番が基本です。

高齢者の方やあまりにも筋力がない方は先に鍛えたりもします。



とは言いましたがほとんどの方は、間違った使い方や使い過ぎで痛めてますので、まずはととのえる→使えるの順番です。


ととのえるには調えると整えるのふたつあります。

自身の知識、力で調える。(セルフケア)

他人から施しを受けて整える。

それぞれの違いがあります。



ファミリアではととのえる→使えるの【つか】くらいまではお伝えできます。

あとは必要であればトレーナーを紹介しますのでお申し付けください。


 

まとめます


・痛みとは心身の赤信号であり、それ以上進むのは危険。

・痛いからトレーニングするはナンセンス。

・まずはととのえる→使える→鍛える


とはいえ無理しなくてはいけない時もあると思いますので、迷わずご連絡いただければと思います。


ほなまた!



Comments


bottom of page