マスク生活だからこそ美容鍼を勧める理由

三重県桑名市のママが笑顔になる鍼灸院


ファミリアくわな鍼灸院の今門公平です。



去年からマスク生活が始まり、


当院でも「いつまで続けるのかね」と、


よく話題になります。




自ら望んで着用している方、


業務上仕方なく着用している方、


顔に縫い付けてある方🙄様々だと思います。



美容法のひとつに美容鍼というものがあります。


最近ではEXITのりんたろーさんが


SNSやTVでその様子を紹介してくれています。




前回の記事


美容鍼が気になる方へ


でもご紹介しましたが


電気を流し、お顔の筋トレをしたり、


あなた自身の自己修復力を引き出し、


お肌をキレイにしていく方法なのですが、


汗ばむ季節を迎える前に、


やっておかなければならない事がありますので


今日はその事についてお話しいていきます。




本日のお品書き


1 マスク生活だからこそ美容鍼を勧める理由


1.1 マスクの下で油断している

1.2 接触部分のストレス

1.3 汗から菌が繁殖してどえらい事に


2 化粧品が悪手に・・・


3. どうケアをするのか


4. 家でもできるお肌メンテナンス



1 マスク生活だからこそ美容鍼を勧める理由


1.1 マスクの下で油断している


マスクをして、距離を取り、喋らない、

そうなるとお顔の筋肉は大きく動くことは

無く、筋肉は衰え、固くなります。


実際にこの1年で老けて、

焦りを感じている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?



いずれマスクを外し、

以前の様な生活に戻ります。


その時にあれっ??っという事態は避けたいものです。



1.2 接触部分のストレス


好きな人にずっと触れられていても、

ずっとは嫌でしょう?


ましてや、マスクはお肌にも、

心にもよくはありませんよね?


嫌なこと=ストレスです。


自律神経の片輪である交感神経を

優位にさせます。


そして自律神経の乱れは免疫力を低下させます。



1.3 汗から菌が繁殖してどえらい事になる


実際に昨年の夏、肌荒れ、ニキビ・吹き出物で

苦労された方もいらっしゃると思います。


これは高温のマスク内で汗をかき、

お肌の環境が悪くなったり、

アクネ菌のエサとなる皮脂が増え、

ニキビが増えたりしたためです。


またマスクを外した時の温度・湿度の

変化もお肌には大ダメージです。




2 化粧品が追い打ちに・・・


~悪魔の界面活性剤~


界面活性剤とは物質と物質の境界面を

馴染ませる性質を持っています。


ハンドソープ、シャンプーや洗顔料、化粧品に含まれています。


化粧品を馴染ませるため、自分の肌のバリア機能(油)を無くす働きがあります。




肌のバリア機能が無くなると


化粧品が馴染んだり、

化粧水が染み込んだ感じがします。


あと、ナノ化粧品とか流行っているんですかね?


細かいほど体に染み込んじゃいますね。


洗えば洗うほど、菌もまた肌に侵入しやすくなります。


洗顔料や化粧品を否定する訳ではありません。


内容物を良く選ぶ必要がありますね。


※界面活性剤は

・塩化アルキルトリメチルアンモニア

・塩化ジステリアリルジメチルアンモニウム


などと表記されています。



3. どうケアするのか


荒れたお肌をケアするために鍼・灸を使います。


鍼・灸による刺激で

体を正常化させる働きを活性化させ、

肌のバリア機能を正常に戻します。


特に、温熱刺激で誕生する熱変性タンパク質

【ヒートショックプロテイン】

炎症を抑え、修復を促進、無害化します。



4. 家でもできるお肌メンテナンス



当院ではお顔用のお灸を販売しています。


気になる部分に2~3回、

アプローチしていきます。


温度は42℃くらいなので

ヤケドの心配はありません。


3.どうケアするのか


でお伝えしたように


温熱刺激や

ヒートショックプロテインによる

自己修復力がお肌を回復させます。



もちろん処方薬との併用も考えてくださいね😊





如何でしたか?


マスクの内側で起こっていること


今から出来ることをお伝えしました。


当院では各美容鍼に追加料金550円で


お灸施術をおこなっております。


ご予約の際はお灸希望とお伝えください

(WEB予約では備考欄にお灸とご記入ください)


本日もありがとうございました。